スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
中電変電所建設問題:遷喬小隣接地の建設、あすにも「仮処分」決定--地裁 /鳥取
◆数量限定の送料無料特別サービス品!!【送料無料】サーフステッパー[特別サービス品]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070627-00000226-mailo-l31
 ◇争点と電磁波問題の現状追う
 中国電力が鳥取市の市立遷喬小学校(鳥取市本町1)に隣接する社有地で建設中の変電所を巡り、同小の児童と保護者が建設工事差し止めを求めた仮処分申請は、鳥取地裁が28日にも決定を下す。工事の差し止めが決まれば、住民側が電磁波による健康被害を訴えた裁判で全国初の“勝利”となり、関係者は「全国で泣き寝入りしていた人が立ち上がる」と注目している。今回の争点と電磁波問題の現状を追った。【小島健志】
 ◇健康被害よりも平穏学習権主張
 申し立ての特徴は、変電所からの電磁波(家電製品や高圧送電線などが出す超低周波)による健康被害の恐れを直接争うのではなく、変電所ができれば児童と保護者が不安に陥り「平穏に学習する・させる権利が侵害される」と主張している点だ。
最新健康情報は・・・人気blogランキングへ

 健康に及ぼす影響については、世界保健機構(WHO)が87年に示した環境保健基準69の「500マイクロテラス(磁界の強さを表す単位)以下ではいかなる生物学的影響も認められない」との見解や、国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)の「一般人に対し83マイクロテラス(60ヘルツ)以下」とするガイドライン(98年)が世界的に認められている。
 一方、疫学研究調査では「常時0・3~0・4マイクロテラス以上の磁界にさらされると、小児白血病の危険率が2倍になる」などと報告され、WHO下部組織の国際がん研究機関(IARC)は、5段階のうち真ん中の「発がん性があるかもしれない」(01年)としている...

ニュースの続きを読む




◆健康関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆健康関連の無料のレポート情報
簡単ロハスもんぺ

たんすの奥で眠っている着物はありませんか?
どうぞ、もんぺとして生き返らせてあげてください。
心豊かにスローでリッチな暮らしに役立てていただければ幸いです。

※この無料レポートをダウンロードされた場合、
あまのナオミによってメー…



スポンサーサイト
ロハスと健康ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<延岡・北浦町の水源:水に濁り生じる /宮崎 | ホーム | アスベスト:クボタショックから2年 尼崎で石綿被害集会--30日と1日 /兵庫>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lohasx.blog108.fc2.com/tb.php/179-c562a54c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。