スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
医師不足:8月から産婦人科医派遣 新宮市立医療センターに半年間 /和歌山
◎1円~30台 本格面白ろグッズ ここまできたか・・・ペットと気持ちわかり合えますよ♪ ネコ...
 ◇地元住民ら「里帰り出産できる」 終了後の医師確保が課題
 新宮市立医療センター(同市蜂伏)に、8月から約半年間、産婦人科医が派遣されることになった。厚生労働省地域医療支援中央会議が決定した。同センターは、産婦人科医不足で10月から出産の取り扱いを中止する方針だった。臨時措置とはいえ産婦人科医の確保にめどがたち、要望活動をしていた市民団体などは「みんなの思いが届いた。里帰り出産ができる」と喜んでいる。【青木勝彦、神門稔】
 同センターは、地域の中核病院として年間約400件の出産があり、新宮医療圏内だけでなく、奈良県南部や三重県西部などからの妊婦も多いという。産婦人科医が1人に減るため、今年2月、10月1日以降の出産の取り扱い中止を発表。
最新健康情報は・・・人気blogランキングへ
医師が確保され次第、再開するとしていた。
 県は、同センターで取り扱いができなくなった分の出産件数を、近隣の医療機関で受け入れることは不可能として、国に同センターへ2人の産婦人科医派遣を要請。同会議は、緊急臨時的医師派遣の第1弾として、同センターを含む全国6件の医師派遣を決めた。
 だが、派遣期間は半年間程度で、出産取り扱いを継続するために、期間終了後の医師確保が課題となる。
 地元の母子推進委員らで構成する「県母と子の健康づくり運動協議会新宮東牟婁郡支部」は今月18日、新宮市の佐藤春陽市長に産婦人科医師の確保を要望したばかり。
 川嶋ひとみ支部長は「出産を控えた人から『どうしたらいいのか』と切迫した状況を聞き、市長に陳情した...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆健康関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆健康関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト
ロハスと健康ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<食中毒:三方青年の家で食事、児童ら16人に症状 若狭の農業生産法人が調理 /福井 | ホーム | <短期保険証>13カ月以上の年金未納者対象に 社保庁>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lohasx.blog108.fc2.com/tb.php/191-acd0aab1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。