スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
白良浜海水浴場:白砂に黒褐色の砂 県、原因調査でボーリング /和歌山
▼話題の3要素、贅沢に配合!「コエンザイムQ10αリポ酸 120粒」※連続落札でポイント最大10倍...
 ◇10日後以降に結果
 白浜町の白良浜海水浴場の浅瀬で、白砂に黒褐色の砂が交じっていることが分かり、県は28日、原因を探るためボーリング調査をした。結果が出るのは10日後以降の見込み。県は健康への影響はないとしているが、同海水浴場は純白の砂が売り物。観光最盛期の海水浴シーズンを控え、地元に影を落としている。【吉野茂毅】
 県によると、黒褐色の砂が見つかったのは今月6日。地元住民が海藻と間違えて気づいた。その後、長さ600メートルの弧状の海水浴場の南側約150メートルの波打ち際一帯で、底の表面や深さ20~50センチの砂の層で確認された。
 ボーリング調査は、海水浴場南端から突き出た人工島の内側で実施。
最新健康情報は・・・人気blogランキングへ
金属管を深さ約5メートルまで差し込み、50センチずつサンプルの土砂を採取した。民間施設で成分と砂の粒の大きさなどを調べる。
 原因について県は「自然界の硫黄が、海水中の酸素不足から硫化水素を発生し、鉄分と反応して硫化鉄となり砂と結合すると黒くなる。海水温が高くなり、プランクトンが発生すると酸素の消費量が増え、酸素不足に陥る。沖に設置されているサメ防止ネットに海藻が付着し、水の通りが悪くなっても酸素不足は生じる」などと話した。
 同海水浴場は、県が84年度から養浜事業を続けている。人工島建設に次いで、豪州から購入する白砂10万8000立法メートルのうち、00年度までに7万立方メートルを投入...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆健康関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆健康関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト
ロハスと健康ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<中電変電所建設問題:仮処分申請を却下 鳥取地裁「不安、合理的理由でない」 /鳥取 | ホーム | 年金問題:肥後銀と熊本ファミ銀、取引明細を無料発行--記録漏れ問題受け /熊本>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lohasx.blog108.fc2.com/tb.php/207-d1f02fbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。