スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
「継続」か「国保」か 定年まぢか健康保険
▼ゲルマ240石!健康とデザインを兼ねた「ゲルマ&チタンネックレス」※連続落札でポイント最大...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070701-00000011-gen-ent
 どこの会社でも団塊世代の「定年退職パーティー」が賑やかだが、送るほうも「次はオレか」と、年金や健康保険が気になっているんじゃないか。年金は加入記録を徹底チェックして、受け取り損ないに注意するとして、健保はどうしたらいいのだろう。

●コースは大きく分けて3つ
 サラリーマンが定年退職した後に健康保険に加入しつづけるには、基本的には以下の3つの選択がある。
(1)これまで加入してきた会社や業界の組合健保・政府管掌健保の「任意継続被保険者」になる。
(2)自治体の国民健康保険(国保)に加入する。
(3)子供などの被扶養者になる。
 医療費の本人負担はいずれも3割(70歳以上1割)で変わりはないから、どれにするかは保険料の高い安いがまず判断基準となる。
最新健康情報は・・・人気blogランキングへ


●保険料はどのくらい違うの
 退職後の年収が130万円以下なら、息子や娘の組合健保・政管健保の扶養家族になれる。この場合は新たな保険料はゼロだから一番安上がり。ただ、一般的なサラリーマンは厚生年金を“満額”で受け取るようになると130万円を超えてしまい、その時点で国民健康保険に入ることになる。
 では、「継続」の保険料はいくらぐらいか。現役時代は保険料を会社と折半(企業によって違いはある)していたが、継続後は全額を自分で負担しなければならない。
「全額負担といっても、退職時の保険料がそのまま2倍になるわけではありません。継続の保険料は、健保組合加入者の給与の平均を基準にするので、会社や業界の平均賃金の保険料の2倍と考えていいでしょう」(大手自動車メーカー・福利厚生担当者)
 国保は自治体によって制度も料率もバラバラで、住む町によって年間20万~30万円も違うが、上限は53万円だ...

ニュースの続きを読む




◆健康関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆健康関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト
ロハスと健康ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<自立支援法、法制度の改善必要 全国大会で提起 | ホーム | OLの自腹ランチは値段もカロリーも「質素」だった!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lohasx.blog108.fc2.com/tb.php/231-cddaca8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。