スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
<水俣病>一時金支給を正式決定、発症時期で差 与党PT
☆とんとろ☆とは?健康な豚1頭からやっと取れるのが200gだけ。豚のホッペのお肉なんです。見た...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070703-00000110-mai-soci
 水俣病の未認定患者の新救済策を検討している与党プロジェクトチーム(PT、座長・園田博之衆院議員)は3日、95年政治決着時の救済対象となった「手足(四肢末梢(まっしょう))のしびれなど感覚障害がある人」に一時金を支払うことを正式に決めた。発症時期によって支給額に差をつけ、最高でも政治決着時の260万円から減額する方針。8月末をめどに具体的な救済内容をまとめる。
 PTは、環境省による被害実態調査を基に新救済策を検討した。調査は、水俣病認定申請者など計1万3404人の未認定患者に、4月からアンケートを実施。さらに約9500人の回答者から約300人を無作為に選んで医師が診察した。
最新健康情報は・・・人気blogランキングへ

 その結果、「手足のしびれがある」と答えた人が回答者の約94%、約9000人に上った。そのうち6割は、政治決着当時から「しびれがあった」と答えた。一方、医師が診察した人のうち「手足の感覚障害がある」とされた人は43%、「(政治決着と同時期の)96年から症状があるとされた」人は36%だった。
 アンケートと医師の診察では差があるが、PTは「95年の政治決着で救済されず、その基準で救済すべき被害者が多数いる」と判断。(1)95年当時から手足の感覚障害があった人には、260万円から減額した額の一時金(2)その後に同様の症状が出た人には、少額の一時金――を支給する方向で検討する。
 一方、感覚障害と視野狭窄(きょうさく)など別の症状の組み合わせが必要とした現行の公害健康被害補償法(公健法)に基づく認定基準は変更しない...

ニュースの続きを読む




◆健康関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆健康関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト
ロハスと健康ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ケンコーコムが米国法人設立、時差を利用してサポート体制を強化 | ホーム | 初期措置、自ら履行表明=「朝鮮半島に緩和の兆し」-金総書記、中国外相と会談>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lohasx.blog108.fc2.com/tb.php/273-82820eb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。