スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
在外被爆者:救済に道筋 訴訟元原告・李さん一周忌追悼、支援者ら長崎で集会 /長崎
SPLIT(スプリット)メンズS/Sラッシュガード06-S/SSPLITSURF (カラー:BK/WH サイズ:L)【...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070705-00000252-mailo-l42
 在外被爆者訴訟の元原告で、昨年7月11日に78歳で死去した韓国人被爆者、李康寧(イカンニョン)さんの一周忌の追悼集会が長崎市の県教育文化会館であった。支援者や、孫で今年の「高校生平和大使」に選ばれた建雨(コヌ)さん(17)=釜山培正高2年=ら約30人が故人をしのんだ。
 3日開かれた集会で、長男太宰(テジェ)さん(48)が「長崎に来たら父の声が聞こえるようだ」と涙ながらにあいさつ。「これから皆さんに恩返しをしたい。
最新健康情報は・・・人気blogランキングへ
被爆2世として、息子(建雨さん)は3世として皆さんと一緒に世界に核廃絶を訴える」と語った。
 足掛け8年の裁判を支えた在外被爆者支援連絡会の平野伸人さん(60)が法廷闘争を振り返り「韓国の被爆者の戦後の生活は悲惨そのものだった。この裁判がなければ、現在の解決は絶対になかった」とたたえた。
 康寧さんは旧戸畑市(現・北九州市戸畑区)出身で、徴用工として働いた長崎市で被爆。戦後は韓国に渡った。99年、被爆者援護法に基づく健康管理手当の支給を国などに求め長崎地裁に提訴。最高裁の昨年6月の判決で敗訴したが「日本出国後も手当受給権は失わない」との初判断を引き出し、その後の在外被爆者救済に道筋を作った。その判決から28日後に亡くなった。【錦織祐一】
〔長崎版〕

7月5日朝刊



◆健康関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆健康関連の無料のレポート情報
簡単ロハスもんぺ

たんすの奥で眠っている着物はありませんか?
どうぞ、もんぺとして生き返らせてあげてください。
心豊かにスローでリッチな暮らしに役立てていただければ幸いです。

※この無料レポートをダウンロードされた場合、
あまのナオミによってメー…



スポンサーサイト
ロハスと健康ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<片山 苦手意識除いて4冠王手 | ホーム | 食育体験ツアー:食べよう野菜と果物 児童、スピナマートで買い物ゲーム /福岡>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lohasx.blog108.fc2.com/tb.php/302-4892fdaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。