スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
どこ吹く“風邪”で済まない…オシム日本に思わぬ敵
一日の健康維持に「一日一杯」アロエエキス100%【無添加:特許製法】通常価格 1本 2,800円を...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070706-00000013-ykf-spo
 【ハノイ(ベトナム)=久保武司】一番の難敵は風邪だった。総勢18人の日本代表スタッフが「完全看護」でオシム監督の健康対策に奔走している。高温多湿で酷暑のベトナムでなぜ風邪? 実は、現地にはその条件がすべてそろっているのだ。

 「これだけ雨が降ったら、帽子なんか、関係ない」と、5日のハノイでの練習2日目は「この時期では珍しい」(現地関係者)という台風の影響で練習中だけ横殴りの雨、また雨。「スコールより、まだましですよ」(同)というが、オシム監督は、雨天練習時に必ずかぶるお気に入りのハンチング帽をこの日は「いらない」と拒否。
最新健康情報は・・・人気blogランキングへ
あえてずぶぬれになりながら指揮した。

 これに慌てたのが代表スタッフの面々だ。急きょ予定されていた「オシム監督のインタビューは中止させてください」とキャンセル。「風邪でもひいたら大変ですから」と練習終了後、早々に宿舎へと引き返した。

 日本代表のホテルはもちろん5つ星。「構造上、大きな部屋ではないが、監督だけは寝室と居間があるジュニアスイートに泊まっている」(協会関係者)。

 ベトナム人の平均月収はおよそ1万円といわれる中、オシム監督の部屋は1泊およそ4万円。だが、この至れり尽くせりが足かせになっている。高級ホテルとあってベトナムのクーラーはかなりの旧式で部屋での冷房温度調整が利きにくい構造だ。

 ホテル内も半袖で30分制止していれば「寒い」と口にするほど...

ニュースの続きを読む




◆健康関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆健康関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト
ロハスと健康ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「値上げ続々」の背景にある世界的食糧危機 | ホーム | KTタンストール来日ライヴ大成功!女子大生大盛り上がり >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lohasx.blog108.fc2.com/tb.php/315-9a425c54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。