スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
「魚食大国」日本の危機(上)
ドットわん枝クッキーおから納豆
 日本人にとってマグロの刺身は韓国人のサムギョプサル(豚バラ焼肉)のような地位を占める。1年の世界のマグロ消費量の85%にあたる57万トンが日本で消費される。この国民食とも言うべきマグロが価格の高騰で日本人の食卓から遠ざかる危機に瀕している。  日本の街の食堂の看板で最も目に付く漢字が魚から肉へと変わりつつある。焼肉屋が非常に増えているのだ。サラリーマンが最も好むメニューも焼肉が寿司を抜いた。牛肉を中心とした韓国食が日本で人気なのも日本人の食生活が変わった原因の一つだ。最近は「笑笑」「牛角」「白木屋」に代表される大衆食堂では卵の黄身をのせた真っ赤なユッケがおすすめのメニューだ。
最新健康情報は・・・人気blogランキングへ
 日本人は魚をたくさん食べることで知られている。島国である上に明治維新以前の江戸時代には肉食を禁止していたことから魚を良く食べる。世の中で魚を最もたくさん食べるのはクジラの次に日本人だという笑い話もある。  実際に日本はアイスランドに次いで魚の消費量が世界2位(韓国はポルトガルに次いで4位)だ。日本が世界の最長寿国である理由について、10人の学者に聞けば10人全員が魚中心の食生活をその理由の一つとして挙げる。  この日本が米国や豪州のような肉食大国へと変わりつつある。日本政府が昨年発表した「水産白書」によると、2005年の1人当たりの魚の購入量は12.7キロ。肉の購入量(12.6キロ)とほぼ同じ水準だ。1965年には魚が14キロで肉が6キロだったが、40年で魚の消費は減り続け、肉の消費は増え続けた...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆健康関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆健康関連の無料のレポート情報
あなたはこうしてダマされる

ネット詐欺や内容不明の儲かる話、健康食品詐欺。

ネット上で宣伝されている詐欺の裏側を暴露しています。

このレポートを読めばあなたはネットで詐欺に遭いそうになったとき、必ず役に立つでしょう。

ネット接続している方すべてにとっ…

カラダの基本から!正しいダイエットと健康食品の選び方

このレポートは、ダイエットを成功させるために、忘れてはならない「基本中の基本」となるポイントと、ダイエット商品を購入するときに注意するべきことがらをまとめたものです。

正しいダイエットの知識と方法を知った上で取り組めば、あなたのダイエ…



スポンサーサイト
ロハスと健康ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「魚食大国」日本の危機(下) | ホーム | セクハラ行為で宮崎市職員処分>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lohasx.blog108.fc2.com/tb.php/331-b6719203
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。