スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
「非公表」宮城県に批判 賞味期限切れ問題 先月に把握
選りすぐりの逸品☆無添加・本格コク深い仕上げのご当地品!紀州南高梅
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070709-00000013-khk-l04
 水産大手「マルハグループ本社」の子会社「北州食品」仙台工場(宮城県亘理町)が賞味期限切れのマグロをネギトロ製品に混ぜていた問題で、宮城県が事前に事態を把握しながら、県民に公表しなかったことに批判が高まっている。食肉加工販売「ミートホープ」(北海道苫小牧市)による食肉偽装で「食の安心」が揺らぐ中、県の対応が問われそうだ。

 北州食品は昨年10月以降、仙台工場でネギトロ用の冷凍食品を製造する際、賞味期限切れの冷凍品「鮪(マグロ)タタキ」を原料に使用。賞味期限は昨年7月―9月だったが、製品の賞味期限はことし9月―来年1月と表示して出荷した。
最新健康情報は・・・人気blogランキングへ


 社内調査で発覚し、同社は6月18日、県に報告。ところが県は「中毒などの健康被害が確認されず、公表する必要はない」と判断した。

 県は、非公表の理由として食品衛生法を根拠に挙げる。食品衛生法は、(1)食中毒などの健康被害があった場合(2)保健所による抜き打ち検査で基準を超える食品添加物などがあった場合―に限り公表を義務づけている。

 県食と暮らしの安全推進課は「健康被害も法的根拠もないのに公表すれば、いたずらに消費者の不安をあおり、企業への社会的制裁にもつながる。検討はするが、現時点で公表する考えはない」と言う。

 対応には矛盾もある。2004年施行の「みやぎ食の安全安心推進条例」には、「食の安全安心の確保に関する情報共有」との条項があり、「情報の収集、分析、公開に努める」と定めている...

ニュースの続きを読む




◆健康関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆健康関連の無料のレポート情報
簡単ロハスもんぺ

たんすの奥で眠っている着物はありませんか?
どうぞ、もんぺとして生き返らせてあげてください。
心豊かにスローでリッチな暮らしに役立てていただければ幸いです。

※この無料レポートをダウンロードされた場合、
あまのナオミによってメー…



スポンサーサイト
ロハスと健康ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ナイジェリアで誘拐の英国人少女が無事解放 | ホーム | 豪雨:ヘリ救出「体一つで」 孤立・美里町、一部住民なお残留 /熊本>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lohasx.blog108.fc2.com/tb.php/353-0028de32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。