スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
透明度、汚濁度とも改善 昨年度の琵琶湖水質調査結果
ビタミンCたっぷりのローズヒップティー♪ まとめ買い応援!【1円スタート】ローズヒップティー...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070710-00000004-cnc-l25
 【滋賀県】県の2006年度琵琶湖水質測定結果で、透明度が増したことが分かった。このほか、カドミウムやポリ塩化ビフェニール(PCB)など健康に影響を及ぼすとされる26物質は、すべての調査地点で環境基準を満たした。

 県琵琶湖再生課によると、調査は毎年、琵琶湖大橋以北の北湖で28地点、南湖19地点、瀬田川2地点の計49地点で実施している。
最新健康情報は・・・人気blogランキングへ


 琵琶湖の透明度は、北湖では05年度の5・9メートルから6・5メートルに、南湖では2・4メートルから2・5メートルになった。

 冬場の渇水で、琵琶湖に河川からの汚濁物質が流れ込まず、合わせてプランクトンの増殖も抑えられたためとみられる。

 水質の汚濁度を示す化学的酸素要求量(COD)や全窒素も前年度からやや改善している。

 CODの年間平均値は、北湖が1リットル当たり2・5ミリグラム、南湖は同3・1ミリグラム。05度に比べて、北湖は0・2ミリグラム、南湖は0・1ミリグラム、それぞれ数値が下がった。

 (本安幸則)



◆健康関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆健康関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト
ロハスと健康ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<O157:さいたまの女児ら3人から検出 /埼玉 | ホーム | 知人装い健康保険証を入手 高月の2容疑者逮捕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lohasx.blog108.fc2.com/tb.php/372-a8498cd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。