スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
中国残留孤児:「中国帰国者健康増進教室」が好評 心のよりどころに--千葉 /千葉
ドットわん枝クッキーおから納豆
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070710-00000160-mailo-l12
 ◇互いに助け合い、心のよりどころに 日本語や太極拳の習得も--千葉
 帰国した中国残留孤児が、千葉市内で日本語や日本文化の習得を目指す「中国帰国者健康増進教室」が、スタートして2年が過ぎた。孤児の多くは数十年来、中国で暮らした高齢者たちで、教室は言葉の壁などから国内の生活になじめない孤児の心のよりどころになっている。
 千葉市美浜区の真砂コミュニティーセンターの一室に週1回、孤児らが集まってくる。6月上旬、開かれた教室には約10人が参加。2時間で「七夕」や「小豆」などの読み方と意味を日本人ボランティアから学んだほか、盆踊りや太極拳のビデオテープを見ながら練習を繰り返した。
最新健康情報は・・・人気blogランキングへ

 教室開催のきっかけは当時、千葉大大学院生で中国から留学していた胡秀英さんの孤児100人を対象にした実態調査だった。孤児の多くが日本語で十分な意思疎通ができないため、医療や福祉サービスへのアクセスが難しい状況が浮き彫りになったという。中には、帰国したものの生きがいを感じられず、不眠や憂うつ感を抱くなど精神面に問題を抱える孤児もいた。
 教室は日本語や日本文化に親しむプログラムや、長年、生活してきた中国文化に誇りを持ってもらうため、太極拳の習得プログラムなども考案し、05年5月からスタート。胡さんは「最近は孤児が自分たちで会場のセンターを借りる手続きをとるなど、自主的に運営する機運が芽生えうれしい」と語る。
 日本語ボランティアの菊地薫さんは「開設当初と比べ参加者の笑顔が増えた気がする...

ニュースの続きを読む




◆健康関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆健康関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト
ロハスと健康ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<<プレスリリース>サッポロ飲料、炭酸飲料「クランベリー スパークリング」を発売 | ホーム | マレーシアの病院、以前はスタッフの4割が手を洗わず>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lohasx.blog108.fc2.com/tb.php/376-5714d023
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。