スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
<健康食品>有識者検討会が初会合…安全性確保策話し合う
SPLIT(スプリット)メンズS/Sラッシュガード06-S/SSPLITSURF (カラー:BK/WH サイズ:L)【...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070710-00000071-mai-pol
 健康ブームに乗ってさまざまな商品が出回っている栄養補助食品(サプリメント)など健康食品の安全性確保策を話し合う有識者検討会(座長=大野泰雄・国立医薬品食品衛生研究所副所長)を厚生労働省が設置し、初会合を10日に開いた。含有成分や摂取量の上限の表示義務化など規制のあり方を検討し、今年度中に報告をまとめる。
 有効性や安全性について国の個別審査を受けている「特定保健用食品(トクホ)」を除く健康食品が検討対象となる。
最新健康情報は・・・人気blogランキングへ

 国内の業界2団体は05年、製造工程の安全性に関するガイドラインを設け品質保証マークを発行している。しかし、法律上は一般食品と同じ扱いで、原料や成分の安全性確認は事業者の自己点検に任されている。
 厚労省が把握しただけで肝機能障害などの健康被害報告が05年度39件、06年度15件あり、安全性への懸念が広がっている。また、中国などから輸入された健康食品から、バイアグラの主成分「シルデナフィル」などの医薬品成分が検出され、薬事法違反で摘発されるケースも相次いでいる。
 検討会では、製造工程の安全性確保策や、消費者の参考となる表示のあり方を検討するほか、被害情報を集め、できるだけ早く周知する体制づくりも検討する。【山田大輔】



◆健康関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆健康関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト
ロハスと健康ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<家族の無病息災祈る 宇治・円蔵院で金毘羅祭り | ホーム | 「メイドインチャイナ」は危険商品の代名詞!中国政府は自己弁護でなく信頼回復に全力を―在米作家>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lohasx.blog108.fc2.com/tb.php/387-f6bec440
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。