スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
「魚食大国」日本の危機(下)
とろける甘さ夕張メロン「共選」第4弾!【SA070706】【1円スタート】【大量】
 大げさに言えば「新自由主義」のためだ。貿易の障壁が低くなり外国産の牛肉がなだれ込むようになると、輸入肉は高価な和牛に代わり牛肉を大衆食へと導いた。牛肉の輸入が自由化された1990年代の初めまでは魚の価格は肉よりもはるかに安かった。しかしその後は価格差が徐々に減少し、最近は100グラム当たりの平均価格は魚も牛肉も140円から160円の間を行ったり来たりしている。  逆に以前は輸入が自由だった魚は最近の各国の資源保護のための乱獲規制により輸入量が減少し、逆に価格が上がっている。日本人の大好物であるマグロがその代表的な例だ。  ここで日本はまた別のジレンマにおちいっている。
最新健康情報は・・・人気blogランキングへ
魚の消費大国である日本では「魚=健康」という図式は成立しても、「魚=高級」という図式は成立しなかった。世界の市場で魚を大量に買い入れてきたことからそれだけ安く購入できたのであり、冷蔵・冷凍流通技術の発達で日本の各地に新鮮な魚を安く供給できたからだ。  そのため最近の世界の魚市場の入札競争では米国、欧州、中国のビジネスマンたちに敗れ続けている。「魚=高級」という認識を持つこれらの国々のビジネスマンの提示する価格に日本のビジネスマンは到底太刀打ちできないからだ。例えば米国産の冷凍マスの日本向け輸出は2003年の90%から50%へと急激に減少している。その分中国へと流れ込んでいるのだ。  さらに忘れてはならないのが日本の親たちが子供を誤って教育したからだ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆健康関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆健康関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト
ロハスと健康ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<妊産婦の健康「男性が自覚を」 世界人口デー | ホーム | 「魚食大国」日本の危機(上)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lohasx.blog108.fc2.com/tb.php/398-d7de67ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。