スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
沖縄決勝雷雨引き分け再試合/沖縄大会
【ダイエットグミ 90粒入 ※お届けに1週間~10日程お時間を頂く場合がございます】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070717-00000085-nks-spo
 沖縄大会の決勝は雷雨のため延長11回で引き分け再試合となった。1―1のまま延長に突入し、11回終了時点で雷雨が強まったため再試合が決定した。沖縄大会決勝で降雨再試合になったのは1975年(昭50)以来2度目。再試合は18日、午後0時30分から北谷公園野球場(沖縄県北谷町)で行われる。福岡大会では福岡一の台湾人留学生の郭恆孝(3年)投手が自己最多の18三振を奪う力投で2年連続県大会進出を決めた。1試合消化した山口大会は21日から再スタートを切る。
 興南と浦添商、両チームの熱戦を終わらせるのが惜しいと野球の神様が思ったのかもしれない。
最新健康情報は・・・人気blogランキングへ
沖縄大会の決勝は1―1のまま32年ぶりの再試合となった。
 9回表終了時には突然の豪雨で中断。26分間の中断を経て再開した。その後も雨は降り続けていたが、試合は強行された。だが、11回終了後に雷鳴がとどろきこれ以上の続行は不可能と高野連が判断。雷雨引き分け、再試合が決定した。2日後の再試合は「明日(17日)も天候が回復しないということと、選手の健康面も配慮して2日後の再試合としました」と沖縄県高野連の狩俣幸夫会長は説明した。
 試合は初回に興南が3番幸喜竜一(3年)のタイムリーで先制。4回には相手の失策からチャンスを広げた浦添商が代打仲間常治(2年)の右前打で同点に追いついた。5回以降は浦添商が9回まで毎回走者を出したがあと1本が出ずに追加点が奪えなかった...

ニュースの続きを読む




◆健康関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆健康関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト
ロハスと健康ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アメリカからの“帰国子女”パンダ、また双子の赤ちゃんを出産―四川省臥龍市 | ホーム | 【近ごろ都に流行るもの】かき氷 「個性的な味」が評判>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lohasx.blog108.fc2.com/tb.php/465-397b3133
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。