スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
アメリカからの“帰国子女”パンダ、また双子の赤ちゃんを出産―四川省臥龍市
選りすぐりの逸品☆無添加・本格コク深い仕上げのご当地品!紀州南高梅
2007年7月16日、四川省臥龍市のパンダ保護研究センターで、双子の赤ちゃんが誕生した。ママの華美(ホアメイ)は7月初めに妊娠の兆候を示し、その後、超音波検査で妊娠が確認されていた。この日の朝6時半ごろ、1頭目を出産、9時過ぎに再びいきみ始め、2頭目が生まれた。

2頭の赤ちゃんを同時に世話することが難しいため、交互に保育器に収容し、飼育員が世話を手伝う。計量したところ、先に生まれたのが161gのメス、2頭目が129gのオスの赤ちゃんだった。母子ともに健康だということだ。
最新健康情報は・・・人気blogランキングへ
パンダの春の出産は珍しいが、同センターでは今年すでに2度目の出産となった。【 その他の写真はこちら 】

華美は、中華の「華」と米国(中国語では「美国」)の略称「美」で構成されるその名の通り、1999年にアメリカ・サンディエゴ動物園で生まれ、2004年に同センターへやってきた“帰国子女”だ。帰国した翌2005年と2006年に立て続けに双子を出産、今回は3度目の出産で、また双子を授かった。

近年、中国では海外留学から帰国し、IT産業界などで活躍する人たちを“帰国組”と呼ぶが、この華美もいわば“帰国組”。中国に居を移してわずか4年で早くも3組の双子を生んだ若いママ、今後のさらなる“活躍”に期待が集まる。(翻訳・編集/WF)
(引用 yahooニュース)




◆健康関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆健康関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

スポンサーサイト
ロハスと健康ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<3人3色・07参院選:山梨の候補者アンケート/3 /山梨 | ホーム | 沖縄決勝雷雨引き分け再試合/沖縄大会>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lohasx.blog108.fc2.com/tb.php/466-984ca2dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。