スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
渋谷のバーで働くライターが「缶詰本」を出版-メニューも考案
◆数量限定の送料無料特別サービス品!!【送料無料】サーフステッパー[特別サービス品]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070616-00000000-hsk_sb-l13
 本業はライターにして渋谷のバーでフードマネージャーも務めるタカイチカ(本名=高井愛)さんが6月7日に出版した「缶詰本」が話題を呼んでいる。国内外の約600種類もの缶詰を図解で紹介するムック本「冒険缶詰」(ワールドフォトプレス、1,600円)で、タカイさんは執筆をはじめ総合監修を手がけた。

 日中は企画・制作会社でコピー制作や編集作業に携わるタカイさんが、ライブ&ダイニングバー「音楽室」で働きはじめたのは約4年前。幼少時代から、地元・新潟の輸入食材などを扱うスーパーで見る缶詰の絵柄に「『異国情緒』を感じていた」タカイさんが「本格的に缶詰の魅力に気づいた」のも、この時期だった。
最新健康情報は・・・人気blogランキングへ


 大学進学と同時に上京したタカイさんは、学生生活の中で「当時年2回ほどのペースで通っていた海外旅行の際に立ち寄る地元のスーパーや、国内の100円均一ショップなどで缶詰を目にする機会が増えた」という。「国や地域の食文化の違いにはもともと興味があった」(タカイさん)ため、コンパクトで保存性にも優れた缶詰を土産や自身の「コレクション」として持ち帰ることも抵抗がなかった。

 こうして缶詰を自然に集め始めていたタカイさんが「目覚める」きっかけになったのが、当時500~600円台で売られていた紅鮭の缶詰。それまで「小さなポスターのように感じて」絵柄を楽しんでいた缶詰の新たな可能性に気付いたという。個々の缶詰に凝縮された「味」の魅力に気付き「不健康なイメージやチープなイメージを払拭したい」と考えるようになった...

ニュースの続きを読む




◆健康関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆健康関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト
ロハスと健康ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ハーブ塾が会場満杯の船出 宇治で記念講演会 | ホーム | 父の日:商戦ピーク 本命はクールビズ?ラガーシャツも人気 /長崎>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lohasx.blog108.fc2.com/tb.php/48-b902edee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。