スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
<腎臓移植>国際学会が注意文書 比政府検討の謝礼制度で
【あっ晴れ気分10包×3個セット】気分爽快!やる気がでる!手遅れになる前に!一日分(4種8粒)×...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070723-00000006-mai-soci
 腎臓移植を受ける外国人患者がドナー(臓器提供者)へ謝礼を支払う制度を検討中のフィリピンで多くの日本人が移植を受けていることに関し、国際移植学会が「(移植希望の)患者に注意を促すべきだ」と要請する文書を日本移植学会(田中紘一理事長)に送っていたことが22日、分かった。田中理事長は「フィリピン政府が(新制度を)認めれば、国や学会としても正面から対応しなければならない」と話している。
 国際移植学会は要請文書で、検討中の制度を「(ドナーの手術後の健康状態に関する)追跡調査もしていない。貧困層の搾取につながる臓器売買だ」と厳しく批判した。さらに、日本人の同国での移植について、倫理面だけではなく、肝炎やHIVなど感染症の危険性にも言及。
最新健康情報は・・・人気blogランキングへ
ドナーの感染症チェックが不十分で、移植により患者が病気に感染する恐れが高いことを指したとみられる。
 さらに、移植用臓器は各国内で「自給自足」することを求め、脳死臓器移植が進まないため渡航移植が増えている日本で、日本移植学会が厚生労働省へ働きかける必要性に言及した。
 フィリピンでは臓器売買は違法ではない。粟屋剛・岡山大教授らによる調査によると、86年以降謝礼を支払って腎臓移植を受けた日本人が少なくとも14人おり、謝礼は5万~16万ペソ(約14万~46万円)だった。外国人患者としては中国(27人)、アラブ諸国(24人)に次いで多かった。
 同国政府は、腎臓移植を受ける外国人患者が同国の腎臓財団に寄付し、財団から生体ドナーへの謝礼や別の同国患者の移植費用を支払う制度を計画...

ニュースの続きを読む




◆健康関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆健康関連の無料のレポート情報
簡単ロハスもんぺ

たんすの奥で眠っている着物はありませんか?
どうぞ、もんぺとして生き返らせてあげてください。
心豊かにスローでリッチな暮らしに役立てていただければ幸いです。

※この無料レポートをダウンロードされた場合、
あまのナオミによってメー…



スポンサーサイト
ロハスと健康ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<高血圧・ぜんそく…お年寄り「つらい」…中越沖地震1週間 | ホーム | 【F1】ヨーロッパGP、決勝も赤旗中断の大混乱! 勝者はマクラーレン!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lohasx.blog108.fc2.com/tb.php/544-4834db67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。