スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
【萬物相】中国で最も資本主義に近い町「温州」
ジェンガラケラミック社の公認日本総代理店/JENGGALA KERAMIK BALIアウトレット/大皿/プレート/...
 清の乾隆帝が現在の浙江省を視察に訪れ、小高い丘に上って海を眺めたところ、数百隻もの帆船が沖を航海していた。そこで乾隆帝はこの地を管轄する役人に「あの帆船の群れは一体どこへ向かっているのか」と尋ねた。ところが役人から頓珍漢な答えが返ってきた。「わたしの目には1隻しか見えません。数百隻のように見えますが、実際には“利益”という名前の船が1隻走っているだけです」と。浙江地方の人々が、ただ利益だけを追い求めて生きている商魂たくましい人々であることを物語る逸話だ。 浙江省の中でも、特に温州の人々は「中国のユダヤ人」といわれるほど商才にたけている。1978年に小平による改革開放政策がスタートするや、温州の人々は広東に次ぐ早さで活発な経済活動に動き出した。
最新自然 環境情報は・・・人気blogランキングへ
土地は共同で所有しながら、経営権は個人が持つという「生産責任制」や、出資額に応じて利益を分け合う「股分合作」といった市場経済の実験となる制度も、まずこの地で始まった。 改革開放政策が始まって間もない頃、温州の近くのチャオトウ村で、葉という名の兄弟がボタンを作り、町の市場で1日に400元も売り上げた。この成功を受け、村人たちはこぞってボタンを作って売るようになり、1981年までに100を超えるボタンの製造・販売業者が登場した。83年にはボタン専門の市場が開設され、チャオトウ村は中国最大のボタンの製造・販売の拠点になった。工場とは到底呼べないような家内工業ではあったが、生産業者が1カ所に集まって、工業団地と同様の生産効果をもたらしたのだ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆自然 環境関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆自然 環境関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト
ロハスと健康ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<コムスン問題、「ダマして儲けてまた騙す。本当の加害者は誰なのか?」 | ホーム | DJ-シグナ、バンカメ証券が投資判断引き上げ、契約件数増加を評価>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lohasx.blog108.fc2.com/tb.php/72-b8606f6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。